男女トラブル

男女問題の正しい相談相手

浮気、離婚、DV(ドメスティックバイオレンス)…男女トラブルは後を絶ちません。

このようなトラブルに直面したとき、あなたは誰に相談しますか?

だいたいの方が「ご両親」か「弁護士」に相談するのが普通だと考えているのではないでしょうか。

ご両親に相談してもアドバイスはくれますが、男女トラブルの解決のプロという訳ではないので最終的には弁護士に相談することを勧めてくると思います。

それは決して間違いではありません。しかし弁護士に相談しても、必ずしもすぐに裁判用の資料を作成し、法的措置でトラブルを解決できる訳ではありません。

それは何故かというと、「証拠」が不十分な場合があるからです。

証拠不十分ですと裁判資料は作成できませんので弁護士は懇意にしている「探偵」に調査を依頼し現場の証拠(写真と動画)を抑えてもらうのです。探偵の集めた証拠を基に弁護士は裁判資料を作成し、裁判に臨みます。

少し話が長くなってしまったので、簡単に整理しましょう。
いきなり弁護士に依頼をするのはかえって時間がかかる場合があります

まずは探偵に依頼して証拠を集めてもらい、それを弁護士に渡した方がスムーズに進みます
いきなり弁護士に相談しても証拠不十分の場合、時間ばかり掛かるどころかいい結果が出ない事にも繋がります。

探偵社はその手のプロなので法的にも有力な証拠を収集します。

確実な証拠を掴んだ上で弁護士に相談しましょう。

よくある男女問題

浮気・不倫

離婚

慰謝料請求

DV

ストーカー

セクハラ

結婚詐欺
一番上に戻る