浮気・不倫の慰謝料

浮気・不倫の慰謝料の相場(離婚及びDVが原因の離婚を含む)

100~200万円が相場と言われていますが次で説明する「慰謝料を決定する要素」によっては増減します。

浮気・不倫の慰謝料を決定する要素(離婚及び、DV含む)

夫、妻と浮気相手の年齢

年齢差の大きさで増減します。

婚姻期間

長いほど慰謝料が高額になります。

浮気が発覚する前の夫婦生活の状況

円満の場合は慰謝料が増えますが、崩壊寸前の場合は減額されます。

自分自身の落ち度

浮気に走るようになった落ち度(原因)が自分自身にある場合、減額されます。

浮気相手の認識、意図

浮気相手が、夫・妻が既婚者だと知っているか否かで慰謝料の金額が増減します。

浮気の期間、頻度

長年にわたる、繰り返されている場合、増額します。

浮気の主導者

どちらが浮気に積極的だったか。もし浮気相手だった場合、そちらに慰謝料を請求した方が高額になります。

浮気相手の子供の妊娠、出産

夫、妻と浮気相手の間に子供ができていた場合、大きく増額されます。

精神的苦痛

浮気によってうつ病になるなど、精神的損害が発生すると増額になります。ただし、診断書などそれを証明するものが必要です。

子供の有無

子供がいる場合、慰謝料が増額します。

浮気相手の反省、謝罪、社会的制裁

浮気相手の反省の度合い、解雇などの社会的制裁を受けていた場合、慰謝料が減額することがあります。

夫、妻と浮気相手の社会的地位、資産、収入

慰謝料を請求する相手の収入や資産が多いほど慰謝料が多くなります。

慰謝料請求のご相談は静岡県富士市の男女問題相談センターへ

メールでのご相談はこちら

ご相談は無料です。お気軽にお電話ください。電話番号0120-556-821

一番上に戻る