離婚原因

法定離婚事由

法定離婚事由があれば民法上、離婚原因として認められ、調停離婚を申請することができます。

① 不貞行為(浮気・不倫)

浮気と不倫は法律上、違法行為とされています。

② 悪意の遺棄

同居の拒否、生活費を渡さないなど扶助の拒否が当てはまります。

③ 3年以上の生死不明

失踪など3年以上、音信不通の場合が当てはまります。

④ 回復の見込みのない重度の精神病

精神障害の程度が、夫婦生活に支障をきたしたり、夫婦扶助関係を継続していくのが困難な場合が当てはまります。

⑤ 婚姻を継続しがたい、重大な理由がある場合

 ①~④に該当しないが夫婦関係を継続するのが困難な場合で関係の回復が見込めない場合

 例)性格の不一致・親族との不和・薬物中毒・アルコール中毒・過度な宗教活動・犯罪行為(服役含む)・働かないなど。

 また、DV(ドメスティックバイオレンス)も含まれます。

上記の①~⑤が認められた場合、調停離婚を申請することができます。

離婚のご相談は静岡県富士市の男女問題相談センターへ

メールでのご相談はこちら

ご相談は無料です。お気軽にお電話ください。電話番号0120-556-821
一番上に戻る