離婚後の戸籍と姓

離婚後の戸籍と姓

離婚したら戸籍はどうすればいいのか。なんとなくわかっているけど詳しくはわからないという方が多いと思います。

離婚をしたら、戸籍の筆頭者でない人は次の3つから選択します。(例として旧姓を田中、婚姻中の姓を鈴木とします)

① 婚姻前の戸籍と姓に戻す

鈴木→田中

婚姻前の親の戸籍に戻ります。

② 婚姻前の姓に戻し、新しい戸籍を作る

鈴木→田中

婚姻前の親の戸籍には入らず、自身を筆頭者とした新しい戸籍を作ります。

③ 婚姻中の姓をそのまま使い、新しい戸籍を作る

鈴木→鈴木

自身を筆頭者とした新しい鈴木の戸籍を作ります。

また、元配偶者への許可、理由の説明は不要です。

「婚姻の際に称していた氏を称する届出」を離婚後3カ月以内に提出する必要があります。

③の選択をした後に、婚姻前の姓に戻りたい場合には、家庭裁判所の許可が必要です。姓の選択は慎重にしましょう。

戸籍の筆頭者でない人が子供を引き取る場合には、新しく戸籍を作る必要があります。

また、婚姻中の姓を名乗っても、子供は元の戸籍に残ったままなので、「子の氏の変更許可」を家庭裁判所に申し立て子供を入籍する旨の届出「入籍届」が必要になります。

新しい戸籍を作り戸籍の筆頭者になると、旧戸籍に戻ることはできません。

離婚のご相談は静岡県富士市の男女問題相談センターへ

メールでのご相談はこちら

ご相談は無料です。お気軽にお電話ください。電話番号0120-556-821

一番上に戻る